大学案内

大学施設案内

キャンパスツアー

広大な敷地に充実の施設・設備。 四季折々に表情を変える豊かな自然。 近代建築と大自然が融合した、絶好の「学びのロケーション」がここにあります。
キャンパスマップ
写真
1.体育館
教育研究棟から91mの渡り廊下でつながれた体育館は、2面のバスケットコートと1面のハンドボールコートを確保できる広さ。電光掲示板も備えています。そのほか柔道場や剣道場、トレーニング設備を備えたコーナーがあり、サークルのための15室やシャワールームも完備しています。
写真
2.講義棟
視聴覚施設を備えた大・中・小の講義室のほか、語学や演習を少人数で行うゼミ室を完備。大講義室は387人収容で、レーザーディスクプレーヤー、250インチビデオプロジェクター、さらに資料提示装置を備えています。座席が扇状になっているので、どの席に座っても集中し講義を受けられるのが特徴です。
写真
3.情報設備
デスクトップのパソコンを62台設置した「コンピュータ実習室」のほか、グループワークなどにより、仲間と深く考えながら課題を解決する力を養うことを目的として「アクティブラーニング室」も設置しております。「アクティブラーニング室」は学生が気軽に利用してもらうよう、授業時間以外は「飲食」及び「雑談」ができるスペースとなっております。また、学内各所に無線LANアクセスポイントを設置し、学生が持参したパソコンやタブレット、スマートフォンにより、インターネットを利用できます。
写真
学生の学ぶ意欲を育み、探求心を常に駆りたてるとともに、地域に根ざした生涯学習の拠点として広く活用できるよう、一般市民にも積極的に開放しています。月曜日から金曜日はもちろんのこと土曜日・試験期間中の日曜日も平日同様に午前9時から午後9時30分まで開館しています。23万冊の蔵書収容能力と200余席の閲覧座席数があり、学生が勉学に必要な図書や雑誌を書架から自由に取り出して閲覧できるように、すべて開架式となっています。配架資料は学習ニーズに対応するため、参考図書・教養図書・専門図書と3分野に分けており、またその他に幅広い教養を養うための一般図書の充実にも努めています。館内には5台のコンピューターが設置され、所蔵図書の検索やCD-ROMの検索により求める情報を確実かつ速やかに得ることができます。また、Webブラウザを利用して学内はもとより学外からも図書資料を検索することができます。さらに、ビデオやDVDなどの視聴覚資料やCD-ROM、電子出版物の資料収集にも積極的に努めています。
写真
約300人収容できる交流ホールは、サークルのライブ活動や社交ダンスなどの様々なイベントが行え、学生及び市民に開放しています。
写真
768人収容の講堂は、音楽ホールを兼ねています。天井や側面にひばをふんだんに使い、舞台後方はガラス張りで森の木々が見える心地よい空間をつくっています。
写真
周囲を森に囲まれ、展示棟、創作棟、宿泊棟から成る建築家安藤忠雄氏設計による斬新で特徴的なデザインの学術文化施設。芸術創作における学術研究活動のほか、定期的に開催される展覧会の鑑賞や、ワークショップをはじめとする創作体験活動、国内外アーティストとの交流、森の散策や野外彫刻作品の鑑賞など、創造・文化的な活動を体感できる空間です。
【主な施設】 ①展示棟/・展示作品を鑑賞できる展示スペース(ギャラリー) ・読書や休憩所として利用できるラウンジ ・屋外イベントを楽しめる野外ステージ、水のテラス など ②創作棟/・版画や木工など、様々な芸術体験が可能なワークショップスタジオ など ③宿泊棟/・創作活動に必要な宿泊施設 ④その他/・四季のアーケード、野外彫刻作品、森の遊歩道
写真
1998年4月の開設以来、地域社会のニーズに応じた事業テーマを設け、本学が有する各種の知的財産を地域社会に積極的に還元することを目的としています。
【活動の4本の柱】
①調査研究
地域の中長期的、基本的な問題を調査研究しています。青森県、青森市をはじめ、官公庁からの受託研究にも積極的に取り組んでいます。
②教育
学部、大学院と連携し、地域社会に密着した教育活動を展開しています。また社会人教育事業として、公開講座や各種研修などを実施しています。
③コンサルテーション
青森地域で求められている新しいビジネスや産業育成、市民活動に対して、本学教員が助言や支援(コンサルテーション)を行っています。
④インキュベーション
本学と地域の皆様が一緒になって、地域社会の活性化のために、新しい活動や事業を起こしていくこと(インキュベーション)に取り組んでいます。
写真
9.レストラン
ガラス張りの採光あふれる空間です。メニューは手頃な価格で栄養満点なので、ひとり暮らしの学生も安心。バラエティ豊富で組み合わせも自由です。
写真
院生の研究活動を支援するため24時間開放。講義室、研究室のほか、院生のための個人専用ブースを設けています。
写真
11.自由へと旅する詩人の像
ポーランドで最も偉大な詩人、アダムミケヴィッチ(1798~1855)の像です。フランス近代彫刻の三大巨匠のひとりとして、ロダンやマイヨールとともに名を残すブールデル(1861~1929)の作品。「大学のシンボル」であるとともに、生涯学習や芸術・文化など「交流のシンボル」でもあります。
写真
県産のヒバをふんだんに使った南部曲がり家をイメージした造りの国際交流ハウスは、「交流ゾーン」と「宿泊ゾーン」の2つに区分し、「交流ゾーン」にはミーティングルームや茶室を配し、「宿泊ゾーン」は約40名宿泊可能であり、学生及び市民に開放しています。