在校生の方へ

就職支援

メッセージ

自分から行動し、なりたい自分を見つけましょう。
写真
秋田県立大館鳳鳴高等学校出身 / 経営学科 2017年3月卒業
就職先:イオンリテール株式会社
三浦 稜真さん
大学は高校に比べて、生活面においても授業面においても自由度が高いです。それはうれしいことであると同時に、自ら動かなければ何も始まらないということでもあります。 私は、ゼミのメンバー7人と地方創生のために「A-project」という組織を立ち上げました。授業で学ぶだけでなく、実際に町の人と関わり活動する場は、学んだことの実践の場になり、 より深い学びの場となりました。社会というものをリアルに感じ、自分のやりたいことを見つけることができました。こういった経験は将来の選択の幅を広げてくれます。 あっという間に過ぎてゆく大学生活の次は就職です。自分が本当にやりたいことや、なりたい自分が見えていると安心して就職活動に臨むことができます。 自ら動き、多くの経験を積み、自分の本当にやりたいことを見つけてください。
友人との関わりを通して、自分自身が成長できる環境です。
写真
青森県立八戸西高等学校出身 / 経営学科 2017年3月卒業
就職先:農林中央金庫青森支店
田中 佑奈さん
私の大学生活の4年間は本当にあっという間で幸せなものでした。一人暮らし、サークル活動やアルバイトなど初めて経験することも多くありましたが、 興味のあることに積極的に取り組むことで有意義な時間を過ごすことができました。大学は友人との関わりを通し様々な意見を吸収することができたため、 社会人になるための必要な4年間であったと言えます。ゼミでは会社の有価証券をもとに財務分析を行っていました。2年次には日商簿記2級、3年次にはFP2級を獲得し、 その後の就職活動に活かし、満足のいく結果で終えることができました。皆さんにも充実した大学生活を大切に過ごしてもらいたいです。
周囲に支えられ、地道な努力を重ねることができました。
写真
青森県立青森戸山高等学校出身 / 経済学科 2017年3月卒業
就職先:青森市役所
川越 大貴さん
入学した当時の私は、授業や進路などに不安を抱えていました。しかし、授業を教えてくれる先生方はとても親身で、経済学を学ぶことは、世の中の流れやものの見方・考え方を 習得するためにとても重要だと気づかされました。大学生活を送る中で、学内外のイベントや企業説明会などに参加し、多くの社会人や市民の考え方に触れ、 「地元である青森に還元したい、青森市民を支える職員になりたい」と考えるようになりました。それからは、授業や公務員講座、アルバイトの3つをかけ持ちし、 地道に努力を重ねました。とても大変でしたが、先生や職員、友人といった周囲の支えがあったからこそ、現在の自分がいるのだと感謝しています。 不安なことが沢山あると思いますが、大学生活を通して様々な人や物事に触れて、自分のやりたいことを見つけてください。
明確な意志を持って積極的に挑戦してみてください。
写真
私立遺愛女子高等学校出身 / 経済学科 2017年3月卒業
就職先:北海道庁
伊藤 絢さん
私はこの大学での4年間、勉強、サークル活動、アルバイト、就職活動等において明確な意志を持って全力で取り組んできました。 入学当初から北海道庁に就職することを目標とし、授業の他に、大学で東京アカデミーの公務員講座を受け、試験に向けた準備をしてきました。 また、勉強だけではなくサークルの仲間との出会いやアルバイトを通じて、今後の自分の人生において大切な事を沢山学びました。 大学生活では、様々な分野において選択肢が広がる分、自分で決断しなければならない事が増えると思います。どんな選択をしても、 批判する人も、評価してくれる人もいます。広い視野を持って、興味のある事に積極的に挑戦して、悔いのない4年間を過ごしてください。
限られた4年間で、熱中できるものを見つけてください。
写真
新潟県立高田高等学校出身 / 地域みらい学科 2017年3月卒業
就職先:北越紀州製紙株式会社
丸山 航太さん
私が地域みらい学科に入学した理由は、1年生からゼミ活動があり、先生が熱心に指導してくれると思ったからです。卒業まで3人の先生のゼミに所属し、 職業体験や青森市のふるさと納税返礼品の提案など実社会を通じて社会人としてのあるべき姿を学びました。また、活動を共にした先生と学科の仲間との出会いは 私の財産です。大学の講義は、必修科目もありますが、興味のある講義を選択できる自由なスタイルです。卒業に要する単位は、努力すれば3年次春学期には ほとんどの単位を取得可能で、残りの1年半は自由な時間になります。その時間をどう過ごすかは自分次第です。様々なことに挑戦し、自分がこれだと思うものを見つけ、 思う存分熱中してほしいです。そうした時間が自分の強みとなります。4年という時間を自分に素直に楽しく過ごしてください。
大学生活で得た経験は、私にとって貴重な財産です。
写真
青森県立青森中央高等学校出身 / 地域みらい学科 2017年3月卒業
就職先:株式会社JR東日本青森商業開発
鎌田 菜摘さん
地域みらい学科のゼミ活動での経験は他の大学では得られない貴重なものです。県内外の市町村を訪れ調査し、地域活性化のアイデアを探るなど、外に出て活動することも多いです。 中でも、駅前でオリジナルの物産展を開催できたことは私にとって貴重な経験となり、地元への理解や知識をさらに深めることができました。就職活動では、地域活性化に関わる企業を 見つけ、キャリアセンターの充実したサポートのおかげで内定を頂くことができました。大学生活を通して見つけた地元青森の良さを多くの人に伝えることを目標とし、 今後社会人として頑張っていきたいと思います。4年間は本当にあっという間でした。大学では地元の違う仲間との出会いも多いです。仲間との時間も大切にし、 楽しく充実した大学生活にしてください。