青公大が就職に強い理由

2020年度卒業生の就職に関するデータ

就職率比較

・青公大実績:2021年5月1日現在
・全国平均:文部科学省・厚生労働省調査『大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)』による。
「本学の就職率の算出方法」についてはこちらをご覧ください。

就職状況

2020年度卒業者(25期生)就職状況

2020年度就職決定者の勤務地等調査一覧

年度別学部卒業生の就職状況

就職に強い理由

理由1  民間企業の採用経験者や就職支援の専門スタッフを配置

 民間企業で採用活動及び経営に携わった経験を持つスタッフによる採用者目線でのアドバイスや、キャリアコンサルタントの資格を持つ専門スタッフが就職支援を行います。

理由2 個別相談を軸とした日常支援と多彩な支援プログラム

 各種ガイダンスから合同企業等説明会まで、年間を通して多種多様な就職支援プログラムを実施します。このほか、会社概要やインターンシップ情報等の各種資料、卒業生の就職実績等が完備されています。これに加えて、就職相談員や企業連携推進員による常時相談にあたる手厚い日常的な支援が学生の強い味方になっています。

理由3 企業と学生への働きかけ

 企業連携推進員による定期的な企業訪問のほか、求人情報について、随時問い合わせを行い、最新の企業・求人情報を学生に案内し、きめ細かな働きかけを行っています。

理由4 Webを活用し教職員が連携して学生を支援

 インターネット環境があれば、どこからでもアクセスできる青森公立大学生専用求人情報サイト(キャリアステーション)を通じて、企業や求人情報を教職員が共有して学生支援にあたります。

理由5 インターンシップの推進

 各企業団体によるインターンシップへ参加する意義や手続き方法についてインターンシップガイダンスで解説するとともに、実際に就業体験を通じて仕事への理解を深めています。

縮小/拡大
背景色を変更