研究活動上の不正行為の防止等に向けた取組みについて
大学案内ヘッダ画像

本学では、文部科学省が制定した「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、研究機関としての責任体制の明確化、研究活動上の不正行為を未然に防ぐ環境の整備及び不正行為が生じた場合における対応について、以下のとおり定めました。

1.本学における責任体制

最高管理責任者:理事長

最高管理責任者は、研究者倫理の向上及び研究活動上の不正行為の防止等に関し、法人全体を管理する責任を有する者。

統括管理責任者:学長

統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、研究者倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、本学を統括する権限と責任を有する者として、公正な研究活動を推進するため適切な措置を講じる者。

研究倫理教育責任者:学部長

研究倫理教育責任者は、統括管理責任者の指示のもと、本学に所属する研究者等に対し、研究者倫理に関する教育の実施及び実施状況の管理監督を行う者。

2.関係規程等

3.相談及び告発の受付窓口

研究活動上の不正行為に関する受付窓口(相談・告発)を以下のとおり設置しています。

青森公立大学事務局総務企画チーム
〒030-0196 青森市合子沢字山崎153-4
TEL 017-764-1555(内線:207,206)  FAX 017-764-1544

縮小/拡大
背景色を変更