公的研究費の不正防止に向けた対策について
大学案内ヘッダ画像

 本学では、公的研究費の不正使用を未然に防止するため、文部科学省が制定した「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、競争的資金をはじめとする公的研究費の取扱い及びその管理・監査体制について、以下のとおり定めました。

1.公的研究費の運営・管理の責任体系及び実施体制

公立大学法人青森公立大学公的研究費の運営・管理の実施体制

最高管理責任者:理事長

最高管理責任者は、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う。さらに不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者をもって公的研究費の運営・管理が行えるよう、適正にリーダーシップを発揮し、公的研究費の不正防止に率先して対応し、不正防止計画の進捗管理に努める。

統括管理責任者:学長

統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持ち、不正防止対策の基本方針に基づき、機関全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を最高管理責任者に報告する。

コンプライアンス推進責任者:学部長

コンプライアンス推進責任者は、公的研究費の運営・管理において実質的な責任と権限を持ち、統括管理責任者の指示のもと、以下の事項を行う。

  1. 学内における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、総括管理責任者に報告する。
  2. 不正防止を図るため、学内の公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
  3. 構成員に対し、公的研究費の使用に関する誓約書の提出を求める。

2.公的研究費の取扱いについて

【その他関連規程】

3.青森公立大学公的研究費の執行ルール

青森公立大学における公的研究費の事務手続き等について、以下のとおりマニュアルを定めています。

青森公立大学公的研究費ハンドブック 2021(令和3)年度版

4.取引業者からの誓約書の徴取について

公的研究費の不正使用防止対策のより一層の強化のため、法人の平成30年度以降の予算をもって締結する契約について、以下のとおり業者の皆様から誓約書を提出していただくこととしました。
なお、関係規程等は、上記「2.公的研究費の取扱いについて」を参照してください。

5.相談窓口・通報窓口の設置

相談窓口

青森公立大学における公的研究費の事務手続き等に関し、明確かつ統一的な運用を図るため、以下のとおり相談窓口を設置しました。

●青森公立大学における公的研究費に関する相談窓口(内線:206,207)

青森公立大学事務局総務企画チーム 相談窓口担当(TEL 017-764-1555 内線207)

通報窓口

公的研究費の不正使用に関する通報を受け付ける窓口として、以下のとおり通報窓口を設置しました。

●青森公立大学における公的研究費に関する通報窓口

青森公立大学事務局総務企画チーム 通報窓口担当
〒030-0196 青森市合子沢字山崎153-4
TEL 017-764-1555(内線:209,215)  FAX 017-764-1544

通報は、書面、電子メール、FAX、面談等の方法により受け付けます。

なお、情報を正確に把握し、迅速に対応するため、通報は実名によることとし、以下の様式を使用してください。

研究費の不正使用に係る通報申立書

縮小/拡大
背景色を変更