准教授  下村 育世

准教授  下村 育世
   (しもむら いくよ/Ikuyo SHIMOMURA)
    保有学位「博士(社会学)」

〇専門分野

宗教社会学、日本近代史、宗教と文化

〇現在の研究テーマ

近代日本の暦、神社・神道、東アジアの暦、明治改暦

〇所属学会

日本宗教学会
日本社会学会
日本思想史学会

〇最近の主要研究業績

◆著書

・下村育世『明治改暦のゆくえ――近代日本における暦と神道』ぺりかん社、2023年。

・国立歴史民俗博物館編『陰陽師とは何者か――うらない、まじない、こよみをつくる』小さ子社、2023年、258-290頁(分担執筆)。

・「近代日本における暦の『開化』と『復古』――神宮による頒暦制度の成立 」林淳編『新陰陽道叢書 第5巻 特論』名著出版、2021年、263-297頁。

◆論文

・「奈良弘暦者・吉川家の近代 ――陰陽師の身分喪失と暦師の家業継続」『国立歴史民俗博物館研究報告』第240集、2023年、35-53頁。

・「明治改暦におけるグレゴリオ暦をめぐる問題――日本らしい暦とは何か」『国立歴史民俗博物館研究報告』第228集、2021年、501-517頁。

・「昭和戦中期の暦――暦と大麻の頒布強制と頒暦数の急伸」『高崎経済大学論集』62巻1号、2019年、72-102頁。

〇社会活動等

・国立歴史民俗博物館の企画展「陰陽師とは何者か」(2023年10月3日-12月10日)のプロジェクト委員(展示資料選定、図録とキャプション執筆、ギャラリートーク、シンポジウム登壇などに関わる)。

・NHK総合「チコちゃんに叱られる!」の「カレンダーの秘密」でTV出演、2022年4月8日・9日。

イベント情報

  1. オープンキャンパスリーフレット

青森公立大学Facebook(公式)

国際芸術センター青森Facebook(公式)

縮小/拡大
背景色を変更