教授  藤沼 司

教授  藤沼 司
   (ふじぬま つかさ/Tsukasa FUJINUMA)
    保有学位「博士(経営学)」

〇専門分野

経営管理論、経営学史、経営哲学研究

〇現在の研究テーマ

文明の転換期における経営学の役割
個人と組織との統合問題
人間協働における自由と責任

〇所属学会

経営学史学会
経営哲学学会
日本経営学会
日本ホワイトヘッド・プロセス学会
日本労務学会

〇最近の主要研究業績

◆著書

Process: Religion and Society (Dharmaram Process Series -3) (共著)
Dharmaram Publications, 2012.

『メイヨー=レスリスバーガー―人間関係論―(経営学史叢書第Ⅲ巻)』(共著)
文眞堂、2013年。

『経営学の再生―経営学に何ができるか―(経営学史学会年報第21輯)』(共著)
経営学史学会編、文眞堂、2014年。

『経営学と文明の転換―知識経営論の系譜とその批判的研究―(現代経営学選集Ⅱ第9巻)』(単著)
文眞堂、2015年。

『経営学の批判力と構想力(経営学史学会年報第23輯)』(共著)
経営学史学会編、文眞堂、2016年。

『原子力発電企業と事業経営―東日本大震災と福島原発事故から学ぶ― (青森公立大学研究叢書 第 22巻)』(共編著)文眞堂、2016年。

『経営学の「概念」を問う-現代的課題への学史からの挑戦-(経営学史学会年報第27輯)』(共著)、経営学史学会編、文眞堂、2020年。

◆論文(直近5年間)

「『経営哲学』の役割―分断を超える協働のために―」(単著)
『経営論集(第64巻第4号)』(明治大学経営学研究所)pp.163-176、2017年。

「『社会の中での組織の機能』を問う―経営学と協働の変容―」(単著)
『日本の経営学90年の内省と構想(経営学論集第87集)』(日本経営学会編、千倉書房)pp.70-81、2017年。

「社会の『分断』と経営学―経営学のバーナード理論的転回に向けて―」(単著)『経営哲学論集(第36集) 地域・社会の持続可能性と経営哲学―経営哲学の現代的意義を問う―』(経営哲学学会)pp.33-36、2020 年。

◆外部資金

科学研究費助成金若手研究(B)「経営学的経営哲学構想のための基礎研究―『科学としての経営学』の底流と課題―」、研究代表者、180万円、2006年度~2008年度。

財団法人北野生涯教育振興会研究助成金「知識経営論の系譜とその批判的研究」、研究代表者、80万円、2010年11月~2011年10月。

科学研究費助成金基盤研究(C)「原子力発電企業の社会的責任と事業経営の研究―安全と安心の両立―」、分担研究者(研究代表者:小笠原英司)、330万円、2009年度~2011年度。

科学研究費助成金基盤研究(C)「リスク社会での『専門家と市民の協働』構築:原子力発電企業の『安全・安心』問題から」、研究代表者、390万円、2012年度~2014年度。

科学研究費助成金基盤研究(C)「トランス・サイエンス問題への経営学からの応答:原子力発電企業の事例から」、研究代表者、350万円、2015年度~2017年度。

公益財団法人青森学術文化振興財団、「学術図書の出版事業」、研究代表者、99万9千円、2016年4月~2017年3月。

〇社会活動等

経営学史学会理事(財務会計担当理事、2017年7月~2020年5月)、経営学史学会年報編集委員会委員(2015年1月~ )、経営学史学会事務局、日本ホワイトヘッド・プロセス学会・編集委員(2010年10月~ )、日本ホワイトヘッド・プロセス学会・会計監事(2016年10月~ )、全国健康保険協会青森支部評議員(2018年11月1日~2020年10月31日)

イベント情報

  1. 登録されている記事はございません。

青森公立大学Facebook(公式)

国際芸術センター青森Facebook(公式)

縮小/拡大
背景色を変更