教授  長岡 朋人

教授  長岡 朋人
   (ながおか ともひと/Tomohito NAGAOKA)
    保有学位「博士(医学)」

〇専門分野

人類学、解剖学、生物学

〇現在の研究テーマ

アンデス文明形成期における社会の複雑化とライフヒストリーの研究
生物学的に見た人間性の由来と進化
地域研究

〇所属学会

日本人類学会(代議員、雑誌編集委員)
日本解剖学会(雑誌編集委員)
日本古病理学研究会(理事)、Asian Journal of Paleopathology編集長

〇最近の主要研究業績

◆著書

長岡朋人:人骨から生老病死を探る.『人間の生活と自然環境の世界誌―知の融合の試みー』(井上幸孝・佐藤暢編),専修大学出版会,東京,pp. 91-119, 2017.

長岡朋人・森田航:埋葬人骨が語る社会.『アンデス文明-神殿から読み取る権力の世界』(関雄二編),臨川書店,東京,pp. 247-266, 2017.

長岡朋人:古人骨から分かるヒトの病気の歴史.『ヒトは病気とともに進化した』(太田博樹,長谷川真理子編),勁草書房,東京,pp. 149-183, 2013.

◆論文

Tomohito Nagaoka: Historical overview and challenges in the development of bioarchaeology in Japan. Frontiers in Earth Science, 2023, 10.3389/feart.2023.1137696.

Tomohito Nagaoka, Nana Nakayama: Influences of industrial development and urbanization on human lives in premodern Japan: views from paleodemography. International Journal of Paleopathology, 33: 103-112, 2021.

Tomohito Nagaoka, Yuji Seki, Kazuhiro Uzawa, Wataru Morita, Daniel Morales Chocano: Prevalence of dental caries and antemortem tooth loss at Pacopampa in an initial stage of social stratification in Peru’s northern highlands. Anthropological Science, 129: 165-185, 2021.

Tomohito Nagaoka: Rise of the Andean civilization: Bioarchaeological approaches to health and death during the Formative Period in Peru. Anthropological Science, 129: 145-150, 2021.

Tomohito Nagaoka, Hajime Ishida, Toshiyuki Tsurumoto, Tetsuaki Wakebe, Kazunobu Saiki, Kazuaki Hirata: A health crisis during the Japanese Medieval Period: A new paleodemographic perspective. International Journal of Paleopathology, 26: 145-156, 2019.

Tomohito Nagaoka, Mai Takigami, Yuji Seki, Kazuhiro Uzawa, Diana Alemán Paredes, Percy Santiago Andía Roldán, Daniel Morales Chocano: Bioarchaeological evidence of decapitation from Pacopampa in the northern Peruvian highlands. PLOS ONE, 14: e0210458, 2019.

Tomohito Nagaoka, Mikiko Abe: Variation in the prevalence of deciduous caries in early modern human skeletons from Japan. International Journal of Osteoarchaeology, 28: 31-43, 2018.

Tomohito Nagaoka, Kazuhiro Uzawa, Yuji Seki, Daniel Morales Chocano: Pacopampa: Early evidence of violence at a ceremonial site in the northern Peruvian highlands. PLOS ONE, 12: e0185421, 2017.

◆学術賞

第17回日本学術振興会賞(日本学術振興会)
平成20年度日本解剖学会奨励賞(日本解剖学会)
第1回前田賞(聖マリアンナ医科大学)
平成15年度日本人類学会Anthropological Science論文奨励賞(日本人類学会)

〇社会活動等

2015年度、2018年度、モンゴル国立大学やモンゴル科学アカデミーと生物考古学の共同研究を推進した。
2009年度、2011年度、文部科学省新学術領域研究専門委員会委員を担当した。
2007年度以降、日本とペルーの国際学術協定に基づく海外学術調査を行った。
2000年度以降、教育委員会や博物館の委託を受け発掘人骨の鑑定と報告を行った。

イベント情報

  1. オープンキャンパスリーフレット

青森公立大学Facebook(公式)

国際芸術センター青森Facebook(公式)

縮小/拡大
背景色を変更