准教授  青山 直人

准教授  青山 直人
   (あおやま なおと/Naoto AOYAMA)
    保有学位「Ph.D.,Tulane University」

〇専門分野

公共経済学、環境経済学

〇現在の研究テーマ

スピルオーバー効果が存在するときの公共財の効率性に関する研究
分権的環境政策の効率性に関する研究

〇所属学会

日本経済学会
日本財政学会
環境経済政策学会
日本応用経済学会 など

〇最近の主要研究業績

◆学術論文

“Capacity Development and Social Capacity Assessment (SCA),” Japanese Journal of Evaluation Studies 8 (2) (日本評価学会英文誌), pp.3-23, 2008 (with Shunji Matsuoka, Kazuma Murakami, Yoshi Takahashi, Katsuya Tanaka).

“Correlated Pollutants, Interregional Redistribution and Labor Attachment in a Federation,” Environmental and Resource Economics 41 (1), pp.111-131, 2008 (with Emilson C.D. Silva).

“Equitable and Efficient Federal Structures with Decentralized Leadership, Spillovers, and Attachment of Heterogeneous Labor,” Journal of Public Economic Theory 12 (2), pp.323-343, 2010 (with Emilson C.D. Silva).

“Interregional Tax Competition and Spillovers: Centralized versus Decentralized Leadership,” Aomori Public University Journal of Management and Economics 19 (2)(青森公立大学経営経済学研究), pp.3-14, 2014 (with Emilson C.D. Silva).

“Regional Cohesion Maintenance, Spillovers and Imperfect Labor Mobility,” FinanzArchiv/Public Finance Analysis 70 (1), pp.116-127, 2014 (with Emilson C.D. Silva).

◆研究ノート

「青森県市町村合併前67市町村の人口構造の変容と高齢化」
『れぢおん青森Region Aomori』31巻、pp.22-25、2009年。

「青森県旧67市町村における人口移動の選択性」
『地方自治研究』26巻2号、pp.40-52、2011年。

◆競争的資金等の研究課題

科学研究費助成事業・若手研究(B)
「環境ダメージと環境税政策、環境技術移転についての研究」(平成25年度~平成27年度、研究代表)

〇社会活動等

イベント情報

  1. 登録されている記事はございません。

青森公立大学Facebook(公式)

国際芸術センター青森Facebook(公式)

縮小/拡大
背景色を変更