教授  金子 輝雄

教授  金子 輝雄
   (かねこ てるお/Teruo KANEKO)
    保有学位「修士(商学)」

〇専門分野

租税法、財務会計等

〇現在の研究テーマ

法人所得課税に関する諸問題の研究

〇所属学会

租税法務学会
日本会計研究学会
国際会計研究学会
会計理論学会
日仏経営学会
日本社会関連会計学

〇最近の主要研究業績

◆著書

『フランス会計の制度と歴史』(分担執筆)白桃書房2024年

『電力産業の会計と経営分析』(分担執筆)同文館出版2018

『現代日本の企業分析』(分担執筆)新日本出版社2018年

『公共性志向の会計学』(分担執筆)中央経済社 2009年

「基本財務会計論」(共著)同文舘出版 2007年

◆論文

「商法・税法・会計の歴史的関係」『国際会計研究学会研究グループ最終報告書』2022年 

「国際課税の観点からみたIFRS15」『経営経理研究』(111)2018年    

「多国籍企業を分析する方法」『経済』(258)2017年     

「報告利益と利益概念」『青森公立大学論纂』1(1)2015年

「当期純利益と包括利益の併存について」『青森公立大学経営経済研究』19(2)2014年  

「確定決算基準が果たしてきた役割」『會計』181(6)2012年  

「フランスにおける会計標準化の過程」『會計』176(2)2009年  

「マーシャル・プランとフランス企業会計制度の形成」『企業会計』 59(7)2007年  

「フランスにおける会計と税制の歴史的関係」『八戸大学紀要』(31)2005年  

「フランス連結会計制度における再処理とオプションの意味」『八戸大学紀要』(28)2004年

「フランスのおける会計・商法・税法の展開」『八戸大学紀要』(23)2001年  

「プラン・コンタブル・ジェネラルと税法-プラン・コンタブル・ジェネラルの創設と普及との係わりにおいて」『会計理論学会年報』(14)2000年 

「フランスにおける課税所得と会計利益の関係」『専修社会科学論集』(22)1998年

「フランスにおける特別償却制度と確定決算基準」『経営経理研究』(59)1997年 

「情報会計論の特質と役割」『拓殖大学大学院研究年報』(24)1997年 

「エドワーズ=ベル利益測定論の再検討」『拓殖大学大学院研究年報』(23)1996年

〇社会活動等

青森県情報公開・個人情報保護審査会 委員
青森県公社等経営評価委員会 委員
青森県市町村税滞納整理機構行政不服審査会 委員
第80回国民スポーツ大会青森県準備委員会競技運営専門員会 委員

イベント情報

  1. オープンキャンパスリーフレット

青森公立大学Facebook(公式)

国際芸術センター青森Facebook(公式)

縮小/拡大
背景色を変更